医師と看護師

医療事務の資格取得をして就職に活かす|夢を仕事に

仕事のやりがい

施術

骨折や脱臼、打撲などのケガを治すのが柔道整復師の仕事です。ケガを治すというと、病院の医師というイメージがありますが、柔道整復師は手術をせずに治すことを目的としています。柔道整復師で行なっている施術には、整復法や固定法、後療法などがあります。整復法とは、骨折した箇所を元の状態に戻したり、肩が外れたときに戻したりするというものです。固定法とは、三角巾や包帯などを使用して、患部を固定し治療していくというものです。このように患者の機能を回復できるというのが、柔道整復師のやりがいです。手術や薬を使用せずに治療をしたいという方はたくさんいますが、そのような患者の健康状態をサポートするのが柔道整復師なのです。資格があれば、独立開業をすることもできるので、手に職をつけて働いていくことも可能です。

柔道整復師になるためには、4年制の大学や3年制の短大、専門学校に通う必要があります。学校に通うことで、基礎医学を学んだり、整復法や固定法などの技術を習得したりすることができます。柔道整復師が活躍する場所は、主に整骨院や接骨院などです。また、これらの施設以外にも高齢者福祉施設で働いたり、スポートレーナーとして働いたりしている方も多いです。柔道整復師の資格を早く取得したいという場合は、3年制の短大や専門学校を利用したほうが良いです。ただ、期間が短いので知識や技術を詰め込んで学ばなければいけないケースが多いです。それに対して、4年制の大学は時間に余裕があるので、じっくり学んでいくことができます。