笑顔の女医

医療事務の資格取得をして就職に活かす|夢を仕事に

学校で学べること

看護師と患者

看護の大学に通うことで、専門的知識や技術を学ぶことができます。大学を選ぶときは、どういう資格を取得できるのか、自宅からの距離はどれぐらいなのか、ということを把握しておいたほうが良いです。

もっと読む

特色を比較

女性

鍼灸師の国家資格というのはありませんが、鍼師と灸師の両方の資格を持った人のことを鍼灸師と言います。自分に合った学校を選ぶためにも、特色の違いを理解しておいたほうが良いです。

もっと読む

仕事のやりがい

施術

柔道整復師になることで、患者の健康状態を改善することができます。誰かの健康をサポートできるというのは、柔道整復師の大きなやりがいです。早く資格を取得したい場合は、3年制の専門学校や大学を選んだほうが良いです。

もっと読む

通信講座で学ぶ

病院

資格を取得することで、趣味の幅を広げたり、転職に活かしたりすることができます。さまざまな資格がありますが、その中でも女性に人気が高いのは、医療事務の資格です。医療事務とは、診療報酬請求業務や調剤薬局事務など医療施設で活用できる資格のことです。医療事務の資格は、複数の団体や法人が主催していて、10種類以上もあります。なぜこのように種類が多いのかというと、国家試験での資格がないからです。そのため、このような知識があるという証明をするために取得するのです。

医療事務の資格は、独学で学ぶこともできますが、初めて勉強する場合はノウハウがないので効率良く勉強するのが難しいです。また、資格用の問題集も少ないので、独学で学ぼうと思っている場合は注意したほうが良いです。ただ、テキストを購入するだけで良いので、お金をかけずに勉強することができます。効率良く学びたいという方にぴったりなのが、通信教育です。通信教育は、1日30分~1時間程度を目安に勉強できるようになっているので、社会人や主婦でも効率良く勉強することができます。また、資格取得のノウハウもあるので、初めての方でもスムーズに学ぶことができます。独学よりも費用はかかってしまいますが、サポートが充実しているので多くの人が利用しています。自宅で勉強するのが苦手、という方は通学タイプの講座を利用するのも1つの方法です。質問したいときにすぐに聞くことができますし、自分で勉強の計画を立てるのが苦手な方でも勉強しやすいです。